洗濯機まわりの水のトラブル

意外にトラブルが起こると大惨事に繋がりかねない水まわりの一つに洗濯機があります。洗濯機はホースなどのつなぎ目が多いもの多く使用しなおかつ大量の水を使用する為、ひとたび水漏れなどが起こると大変なことに繋がりかねません。
またその場を離れる事も多いため水漏れに気付くのが遅れたり、かなりの水漏れを長時間放置することにも繋がったりします。一軒家ならまだしもアパートやマンションだった場合は下の階にも影響が出る事もあります。
このように重大な問題に発展しかねない洗濯機まわりのトラブルを未然に防ぐ手段や方法をご紹介致します。

■洗濯機まわりの水のトラブルを発見するには

洗濯機における水漏れは被害が拡大する事が多いので早期発見が大切です。被害が小さい内に対処することが重要ですが、そのための点検箇所や発見するポイントなどを抑えておくと非常に簡単に発見する事が出来ます。
まずは蛇口のまわりです。基本的には台所の蛇口と構造は同じものが多く点検箇所もそれらとほぼ同じですが、ハンドルの根本部分とニップルと呼ばれる給水ホースからの接合部分、そして壁の根本部分です。次に給水ホース自体からの水漏れでこちらは劣化などが主な原因です。また排水ホースのまわりや接合部分も合わせて確認しておくとよいでしょう。
そして洗濯機自体からの水漏れですがこちらは自分では修理出来ませんので修理業者を呼ぶことになります。主にこれらの4ヶ所を抑えておくと水漏れをすぐ発見出来ます。

■洗濯機まわりから発生した水のトラブル対処法

それでは水漏れが発生した時にはどうすれば良いでしょうか。自分で直すことができればそれに越したことはありませんので簡単な対処法だけでも覚えておいた方がよいでしょう。
まずは元栓の蛇口を締めて水が出て来ないようにします。その後に水が漏れている箇所を確認することとなりますが、壁から水が染み出すほど漏れている時は業者を呼ばなければなりません。一方で、蛇口からの水漏れの場合はハンドル部分の部品の交換や根本のナットを締め直す事で直る場合があります。
ニップル部分から起きている場合は劣化や振動などでの各部分の緩みなどが原因ですので交換します。排水ホースやその接合部分などから漏れている場合もできれば交換した方がよいでしょう。基本的に洗濯機周りは水漏れが起こったらテープを巻くなどの補修ではなく交換する事をおすすめ致します。

■まとめ
洗濯機は物理的にも勢いよく回転する部分があってなおかつ大量の水を使いそしてパーツの接合部分が多いものです。あらゆる箇所が痛む確率が高い上に腐りや劣化も多いのです。
日頃から洗濯機回りの点検をしておくと水漏れの被害が起きた時にも最小限に食い止める事が出来ます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ