水のトラブルでシャワーが使えない

水のトラブルで意外に困るのがシャワーが壊れた時です。身近過ぎて中々意識しないものですが、使えないと案外困ります。例えば、浴室の掃除をした際にシャワーが使えなければ、洗剤の泡を流すのに何度も汲み置いた水をかけなければならないなど、不便な思いをすることもあります。シャワーのトラブルを防ぐためにも、定期的にチェックをしておく事をおすすめします。

■シャワーが水のトラブルを起こす箇所

それでは不具合を起こす箇所やその現象はどんなものがあるのでしょうか。不具合やその対策法を覚えておくと、いざ壊れた時にも素早く対策を施す事が出来ます。
一番代表的な不具合事例がヘッドからの水漏れです。水を止めてもヘッドからポタポタ水が落ちてきたら水栓内の開閉バルブが劣化している事が考えられます。この場合は水栓内で起こっている水漏れがホースを伝ってヘッドから漏れてしまっている事が原因です。この現象が起こった場合は水栓ハンドル内の開閉バルブを交換しなければ直りません。こちらは不安であれば業者に頼んだ方が確実ですが自分で直す事も可能です。
その場合はまず開閉バルブの型番などを調べ、同じ開閉ユニットをメーカーから取り寄せします。元栓をしっかり閉めて、ノブをドライバーなどで軽くこじって取り外します。買った部品を順番に交換していき最後に元栓を開きます。これだけで直す事が出来ます。

■シャワーを水のトラブルから守る点検チェック箇所

水漏れを起こす部分はおおかた決まっていますので、これらの箇所を押さえておく事でトラブルが起こった時にも迅速に対応する事が出来ます。
ヘッドの根本の部分から水漏れしている場合は、ヘッドの接合部分のパッキンなどが劣化している可能性が高く、こちらも交換する事で直す事が出来ます。そしてホース自体から水漏れしている場合もあります。こちらはホースに空いた穴や亀裂などの劣化が原因となっていますのでホースを交換する事で直ります。
最後にホースと水栓の接合部分からの水漏れです。ここの場合はナットの緩みなどが原因の事が多いためナットを締め直す事で直る事があります。それでも直らない場合なパッキンなどが劣化している可能性がありますので、パッキンなどを交換すると直る事があります。日々使っていく中でこれらの箇所だけでも定期的に点検しておくだけでシャワーの不具合が劇的に減ります。

■まとめ
シャワーは使えないと以外に困ってしまいますので、シャワーヘッドなどの交換出来る部分はカビなどの細菌対策も兼ねて定期的取り替え、不具合をいち早く発見出来るようにしておいた方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ