水のトラブルでおおごとになりやすい便器

水のトラブルが起きるととても困ってしまうのが便器です。トイレの交換ともなると自分で直すのはほぼ難しく、修理もかなり大掛かりなものになってしまいます。最近ではウォシュレット付きや、自動で水を流すものなどハイテク化しているものも多く、さらに複雑な仕組みのものも少なくありません。
トイレの故障は修理が急を要するもののうちの一つです。トイレが壊れた時のための対処法や対策、知識などを常日頃から確認しておいた方がよいでしょう。

■便器に多い水のトラブル

トイレによく起こる水のトラブルはどんなものがあるでしょうか。便器自体は物理的に破損しなければ、壊れるものではありません。その一方で、比較的多いのがトイレと床の間から水漏れするというトラブルです。これはそう珍しい事ではなく、普通に生活していてある日突然起こることがあります。
これはいくつかの原因が考えられますが、まずは床下に入っている排水管の経年劣化によるものが比較的多いです。排水管は自分で点検やチェックなどを行う事ができないので、知らないうちに劣化が進行してしまいます。トイレにヒビが入っていないにもかかわらず水漏れがしているということは、排水管の経年劣化が考えられますので、大掛かりにならないうちに信頼できる業者に見てもらう方がよいでしょう。
しかし、単純に便器に結露が発生して水が垂れることで床が濡れていることもあります。この場合はトイレ内の湿度が原因のため、換気を見直したり除湿剤を置くことでも対処できます。

■水のトラブルが起きないよう日頃から点検チェックが必要

便器はしっかり点検やチェックを行うことによって、できるだけ水のトラブルを回避することが可能です。それでは便器のどこをどんな具合にチェックすればよいのでしょうか。便器に起こる代表的な水のトラブルの点検方法や自分でチェック出来る簡単な方法をご紹介致します。
便器のトラブルで群を抜いて多い症状がトイレタンクから水がポタポタ落ちてきているなどの症状です。この場合はトイレタンク内のボールタップ、ゴムフロートなどが故障、または劣化している可能性があります。これらの部品はホームセンターなどで購入する事ができ、直し方を覚えれば自分で交換して直すことができます。まずこの一番症例が多いこの症状を直せるようにするだけでも便器は長持ちしますのでぜひこれだけでも覚えておくとよいでしょう。

■まとめ
便器は日常生活においてとても大切で、故障するととても困る部分です。少しでも故障に関する知識を蓄え点検やチェックなどまめに行い、最低限の故障は自分で直せるようにしておくととてもよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ