水のトラブル対策をしましょう

水のトラブル対策をしましょう 日々の生活の中で何かと困るのが水のトラブルです。水まわりのトラブルは放っておいても改善する事はなく、大きな問題に発展してしまうことも少なくありません。水まわりのトラブルはわたしたちの目に見えないところで密かに進行している事が多く、気付いたときにはかなりの補修や修理を必要とすることになる事も多いのです。
壁や床の腐り、地盤の緩みなど最終的には家の倒壊の危険性すら出てくる事もあります。またわたしたち素人では直すことも出来ず、危険度の進行状況も把握しづらい為、何かと業者に頼ることになります。ここでは水のトラブルが起きたときの対処法や注意点などをいくつかご紹介致します。

■水のトラブルが起きた時のための心構え

水まわりのトラブルが起こったら、まずすぐに水道工事の業者に連絡を取り点検に来てもらわなければなりません。
ただでさえ水まわりのトラブルは緊急性が高く進行度合いも早いので一刻も早く直さなければならないのです。実際水のトラブルを目の当たりにするとパニックになりやすく、よく確認せずあわてて目についた業者を呼んでしまう事があります。
しかし水道工事を行える業者は会社内に給水装置工事主任技術者の国家資格を保有している人が在籍している必要があり、この国家資格を保有している人が業者内にいないと無資格業者となり水道工事は出来ません。この場合作業に着手すると違法となります。
そのため、緊急時にも慌てる事無く冷静に対処するためには日頃から信頼できる水道工事業者を1社か2社見つけておく必要があります。

■水のトラブルを防ぐには
水はわたしたちの生活には欠かすことの出来ないものであり、水と上手く付き合って行かなければなりません。それには水のトラブルが起こらないように常日頃から意識して予防対策をしておく必要があります。
水のトラブルが起こる前に防ぐ、という意識を持つだけでもずいぶんと違うものです。それには常日頃から簡単な点検を当たり前にする、という癖を付けておくのもよいでしょう。ある程度水回りで悪くなる部分というのは限られていますので、そのような箇所を抑えておくと、異常が起きた時にもすぐ気付きますし、連鎖で悪くなっている部分の早期発見にも繋がります。
このような水回り関係のトラブルを無くす事は、結果的に家の劣化を防ぐ事にも繋がりますので、水回りのどこが悪くなりやすいのか、自分で修復可能なのか、日頃から少しずつ勉強しておくとよいでしょう。

■水のトラブル点検チェック箇所

まず水回りのチェック方法としては、ざっと見て現状で不具合が発生している場所がないかおおまかに確認します。水のトラブルが起こりやすいところはおおかた限定されていてどこが悪くなるのかある程度把握しておくことが出来ます。
基本的に不具合が起こりやすい箇所は蛇口などの可動部分や排水管、給水管の接続部分からの水漏れ、そして配管の詰まりなどです。まずはこれらのトラブルが起こったら自分で直せるのか、業者を呼ばないとダメなのかを判断し、自分で直せるものは自分で直します。自分で直せるものとしては蛇口などの可動部分の交換やシャワーヘッドなどホームセンターで部品が購入出来るものです。これらは業者を呼ばなくても自分で直すことが可能です。
配管の水漏れや詰まりなども、こまめにネジを締め直す、または防水テープを活用したり排水口に薬液を流したりすれば寿命を伸ばす事が出来ます。点検チェックを兼ねて日頃より行っておきたいものです。

■まとめ
水はわたしたちに多くの恩恵をもたらしてくれますが、それと同時に害になることも多いものです。水と上手く付き合っていくためには日頃から点検の癖を付けておくと水のトラブルの早期解決につながるだけでなく、家自体の劣化も防ぐ事に繋がります。意識してこのような点検の癖を付けておいた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース